憧れの武器というものは昔みなさんにもあったと思います。
今は金策さえちゃんとしていれば作れるような時代になって、ほとんどの方が憧れの武器を作成済と思われます。
ですが・・・私エル男は作っていなかったのです・・・。
そう、私エル男が憧れていた武器は「竜の髭」です。

今まで作らなかった理由としては、初代キャラは竜メインで動かしてはいましたが、アドゥリンショックのときにエル男に転生し、それ以降竜騎士という職から離れていたことと、ミシック作成は「アレキサンドライト終身刑」と呼ばれる時代の感覚のままであり、実際緩和されているものの今現在に至るまでミシック作成自体を拒否していました。本音で言えばアサルトめんどくさい。勿論99にはしていましたが、戦士や暗黒、そして侍とアタッカーの台頭と呼ばれるジョブの強化に勤しんでいました。

たぶん触ることはないと思っていましたが、ここにきての竜騎士強化です。
これにより、自分の中の竜騎士熱が再度上がりました。

ビッグウェーブに乗った感は否めませんが、どうせ乗るなら髭も作ってしまうか!という所存です。

今も昔も自分の中での竜騎士はテクニカルアタッカーという感触を持っています。シーフは他者のヘイトコントロールを駆使しますが、竜は自身のヘイトコントロールが出来ます。ただ、昔は火力が無くタゲを取ることも少なかったため割と出番は少なかったような気がします。むしろTP獲得手段として使われていたような気がします。
今の竜騎士は火力が上がりヘイトコントールの価値は相対的に上がったような気がしますし、TP獲得手段としても優秀になったので使い分けが難しくなり、さらに楽しくなったような気がします。
もう少し竜を研究してみたいと思います。ワードローブ問題もどうにかしたいところ。

ずっと続いているシーフ詰みですが、トゥワセントの使用は続けています。
装備も変化無いですが、スシからカレーパンに変更したところ命中がちょっと厳しい感じですが、WS1発でS敵が沈む確率が高くなりましたので大分精神的には楽です。たぶんマリグナスシャポーでかなり安定しそうな感じです。
トゥワセントでカレーパンの場合は詰みゾーンのテントウムシではアグレッサーを使わないとかなりストレスが溜まります。

当面はシーフで詰みを回しつつ、竜騎士の強化もしつつ、カードキャンペーンを待ちたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です