やっとと言った方がいいでしょうか?竜騎士が実装されたのが2003年のジラート実装からでした。実はエル男の1stジョブであり、限界突破クエはすべて竜騎士でやってきました。今回の調整で強くなったと聞き、それなりの装備をしてダイバーで試してきました。

武器はシャイニングワンで、他部位はフラマ+2を基本としたSTP構成です。主力はインパルスドライヴでギフトは0です。

率直な感想は強くなった!と言わざるは得ないでしょう。16年越しに日の目を見れたような気がして嬉しくなりました。
他の強アタッカーと肩を並べられるようになった!?と聞かれれば正直そこまでの装備を整えてないので自分の言葉では解答が出来ません。
ただ憶測ですが、装備をしっかり調整してジョブ理解が深い方なら・・・あるいは?と予測はしています。
自分自身が竜騎士を離れて大分立っていたためまだまだ理解が乏しい状態ですのでこれから色々試行していこうと思います。運用次第では大化けの可能性も秘めています。

実装初期から竜騎士が好きで竜騎士をやって、時にはモンクを誘ってブールドナスを装備して骨骨ファンタジーで大車輪を泣きながら撃ってトスに専念してた時代もありました。誘われずに1日過ぎる事もありました。

本音を言えばアタッカーでマスターになってないのが実は竜とモンクだけでした。このタイミングで強化だと何か流行りに乗っているようで何かなぁと思ってしまいますが、気にしないことにします。

さてここからは竜騎士の考察になりますが、小竜存命時ですが、竜の髭が一つ頭抜けると思います。スピリットジャンプとソウルジャンプでTP3000維持も結構楽に出来ますし、戦闘開始時に黙想ジャンプオンパレードで3000到達も容易に達成できます。
スピリットボンドの実装によって小竜自体の回復も任意で出来るようになったので生存率も高くなっています。ただし本体のダメージも増加するのでボンド>レストアブレス>ボンド手動切が基本になると思います。

なにはともあれ、色々試していこうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です