相も変わらず詰みをずっと周回していますが、ガンドリングによるイオリはすでに過去にしました。やはり金策において事故がおきて稼げないよりは確実な稼ぎを求めたかったということが主な原因です。オグメ付け替え出来れば使い道があると思っていますが、たぶん付け替えできない?
付け替えできるならばCからAに変えたいと思っています。

さてはて詰みルートもですが、コルセアのアナーキー装備によるサベッジの話題が過去にありました。それに釣られるかのようにシーフのサブにセントヴェンテ装備によるルドラダメージUPもまことしやかにささやかれています。
ただアナーキーと違ってセントヴェンテは近接命中に割と響き、使い勝手が厳しいように思えますし、サブに装備することによって通常のダメージは落ちていきます。それらを解消するためにメイントゥワを持つことによる倍撃とTPボーナスを重ねたルドラで巻くことになります。

実際PT戦においては与TPさえ気にせず、支援が豊富になるなら運用に耐えうるところまで持って行けます。ですが、詰みなどソロになると命中が厳しくなります。勿論のことですがそもそもが99武器なのでIL対応はしていません。

自分は詰みでずっと運用していますが、スシ食にして命中をサブ1130を目安に装備構成を組んでいます。たぶんストレス無くなる命中がこれぐらいかなと1120だとテントウムシのTネームはアグレッサーが必要かなと感じています。(個人的な感想)

さて実際セントヴェンテは運用出来ていると思っていますが、さらに効率的に運用をしたいと思っています。それはサブセントによる攻撃力低下を少しでも緩和したいと思っています。最低ラインでピザ食ぐらいにはしたいと考えていますが、攻撃性能を犠牲にしてまで命中に執着しては意味がなくなるのでここのバランスは結構難しいかなぁと思っています。

メイン サブ 投てき 矢弾
トゥワシュトラ セントヴェンテ ツァビチクロスボウ アシッドボルト
左耳 右耳
アデマ+1(A) アサシンゴルゲット 素破の耳 シェリダピアス
両手 左指 右指
PL+3 アデマ+1(A) 王将の指輪 イラブラッドリング
両脚 両足
トゥタティスマント 霊亀腰帯 PL+3 PD+3

上記装備でブリームスシでサブ命中が1120ぐらいです。食事なし時が確か1040だったはずなので60ぐらい上げる必要があります。トゥタティスはまだ命中+10上げられる余力を残しているので残り50。アサシンゴルゲットを+2に買換えで命中+12程度で残り約40になります。トゥワシュトラをR15にするだけでもDEX20分で命中に換算すると15で残25です。
理想論は出来るだけ火力を落とさずに、サブ命中1150が理想ですが、犠牲になるものが多すぎて無理です。ですので1100ぐらいを目指してピザ食を目指そうと考えています。今構想にあるのが頭のアデマ+1をマグリナスシャポーに変更で命中+35ぐらい上がります。犠牲はTA+4とCD+8ですね。見返りはSTP+8とカットですかねぇ。
単純なのは素破をテロスに交換ですかね。元々素破はウルミアがマチ2曲からバラ2曲に変わったときに変更するのがめんどくさいのでそのままにしていますので実際ずっとマチだと得TPを減らすだけのものになっています。

ちなみにですが、アシボルを使わない前提であればツァビチクロスボウをウルルに変更することで命中が12程度は増えるのでアサシンゴルゲットがNQでも1100ぐらいにすることは可能だと思います。

ヤメラングとダートの持ち替えで済ませばいいんじゃないかと思ったけども( ゚Д゚)

ここら辺が限界に感じるラインですね。これ以上は肉食になるラインだと思いますが、命中上げるがあまり相対的に攻撃力が下がっていくので肉食になったとしても効果はないかなと思います。

注意していただきたいのが、自分はかなりの横着者であり、微調整や、敵に合わせた調整はしません。そのコンテンツで一番高い必要命中を目安に装備構成を考えています。

なので、細かく操作できる方や、敵によって装備調整をする方はすべて肉食でセントヴェンテの運用はできると思います。

命中1150欲しいのもレディバグ以降ですし、レディバグまで行くとアシボルはすでに用済みになるのでその時点でウルルやヤメラングに持ち替えれば命中は上がりますし、それ以前の敵は正直1100を超えるぐらいであれば十分肉で当たります。2層目のカブトのライノガード発動で怪しくなりますが、そのときはアグレッサー使用で回避可能かと思われます。
あくまで机上の空論ですので、目指す装備群ではありますが先は長そうです。

ここからは10月Vupのお話。
モンクと竜騎士の調整の項目が発表されました。
モンクは特性調整とジョブ特性追加です。
竜騎士は特性の追加、アビ追加、小竜のLVに応じてWSDが上がる仕組み。
格闘WSの調整ですね。これは他ジョブも関わってくるので別項目なのでしょう。

アタッカー好きな自分としては強化されることは嬉しいですが、実はアタッカーでジョブマスにしてないのがモンクと竜騎士なのです。強化されたからやってる~って思われるのが何かこう・・・うぅ・・・。

竜騎士の調整が入るたびに思うのですが、小竜との共存を目指してほしいという意図は分かるのですが、それを目指すあまりに本体が弱くなっては意味が薄くなりますね。WSDを上げるために小竜を生存させ続けなければいけない。ここは調整次第で使わなくなる可能性もありますし、必死にならなければいけない可能性も秘めています。

次は格闘WSの調整ですね。ここはダイレクトに弄ってしまうとモンクだけでなく、他格闘が使えるジョブも相対的に強くなるため抑え目になってくるかなぁと考えています。

何はともあれVupまでもう少しです。楽しみ半分といったところでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です