平成が終わるまで@2日となりました。こんにちわエル男です。
思い残すことはありませんか?エル男は10連休なんてございません。それが心残りです。でも10連休って今年だけなんですかね?今後ずっと10連休なんですかね?「今」に捉われすぎて気にしてませんでした。

今回はエル男とヒュム女がやってきた金策について、個人的な見解を踏まえつつ書いていきたいと思います。

合成販売

エル男もヒュム女も最初の金策はずっとこれでやっていました。
合成販売と書きましたが、エル男とヒュム女はギャンブル的要素(HQ作成)に弱いため、薄利多売を選択していました。当時エル男は紙兵を、ヒュム女は山串~寿司などを作っては売って作っては売ってをずっと繰り返してました。実際HQ合成みたく1回成功でドカーンと稼げるわけでもなく、1日合成だけをしてたときもありました。

BC戦利品販売

これは今現在は出来なくなりましたが、過去にBC戦利品について「絞り込み」というのがありました。あらかじめRare属性を所持しておくと、宝箱を空けたときに所持しているものは選択肢に上がらず、再抽選になり高額品ゲットという技です。これもそれなりに浸透していたのですが、それなりには稼げていた記憶があります。

アレキサンドライト販売

ここら辺からが自分の中で「金策」と言われる部類に入ってくるかなと思います。当時3人からしか入れないサルベージでしたが、3垢で攻略されている方がいらっしゃり、その動画に感化されてエル男は2垢にし、中身二人で3キャラを操り、サルベージでアレキ掘りをする毎日に変化しました。この時はアレキ自体が高額だったため、かなり稼いでいた時期だと思います。
その後は1人から入れるようになったため、3キャラともモンクを上げ1キャラずつ突入するようになりました。1人から入れるようになったので単価はそれなりに下がりましたね。
自分の金策の中でこのアレキ集めがかなりの割合を占めていると思います。

召喚獣戦連戦

今でもやっている方がいるぐらいメジャーな金策です。
エル男もヒュム女もだいぶお世話になっていました。
こちらは青/戦 詩/黒で暇があればずっとやっていました。青が育つ前は忍/戦 詩/黒だったような気がします。たぶんこの金策があったおかげで色々装備品であったり、レリック、エンピを作ってきたと思います。今現在であってもたまに息抜き程度にはやります。たぶん時給換算200万ぐらいあるのかな?

オーメン残魂

ヴァナで主流となりつつとなっていると自分が勝手に思っているだけかもしれませんが、オーメン詰みルートによる残魂集めです。時給に換算するとシーフで200万↑ぐらいです。ドロップ品なので日によって変わります。
一定の需要がある金策なので値段が崩れにくく、安定しています。
シーフ単独で1週間あれば99個貯めることが可能なので基本D売りにしています。敵の強さも丁度よく、落ちるときは一瞬で落ちたり、ジリ貧になって負けたりと割と装備環境を見直したり、新しい装備を試す場としても最適だと自分の中で感じています。今はこれだけをやっています。

基本的に戦闘コンテンツで稼ぐことが多い二人ですが、HQ合成で一撃で稼ぐ方もまだまだいらっしゃいますし、薄利多売合成をしている方もいます。
そういう方がいるからこそ装備が充実していきますし、食事にも困らないのだと思います。エル男は合成をしているとすぐに寝てしまうので戦闘コンテンツにしている感じです。
オーメン残魂に関しては1つも自分の為に使っておらずすべて競売に流しています。必要なものを一通り揃えてから自分のために使おうかなと考えています。
それまでサービス続いていればいいですが・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です